アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
こざかな日記
ブログ紹介
過去ログ用
Twitter →https://twitter.com/#!/moritz_hauptman
zoom RSS

 『ゴーストハント4 死霊遊戯』 小野不由美著/メディアファクトリー 

2011/05/19 23:59

ゴーストハント4 死霊遊戯 (幽BOOKS)
メディアファクトリー
小野 不由美


Amazonアソシエイト by ゴーストハント4 死霊遊戯 (幽BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 今月も約60日周期の小火、ならぬハレルヤな日がやってまいりましたよーきゃー。
 4巻までの発売履歴から結論づけると、神奈川県では発売予定日の2日前に本屋に並ぶようです。昨日には読み終わっていたですが、感想は二度かみしめてからって決めてるの。
 この喜びもはや復路に突入。あと3冊も見知らぬナルのあれやこれやが待ってるのかと思うと、つい顔が弛んでしまうわ?。‥‥ほう。うっとり。

 表紙、今までとは打って変わってモノトーンの渋い色調で攻めてきましたな。
 真ん中の偶人をこすると例の金蚕ちゃんが出てきてコンニチハ、という趣向はさておき(笑)、個人的には今まででいちばん好みかも。蛍光色とか店頭ですぐ目に入るから探し易いっちゃあそうなんですけど、カラフルな色は年寄りの目に刺激が強すぎてのう‥‥(涙)。



 ※以下内容に触れます。ネタバレいやんな方はご注意を。

 
 ナルに「邪魔です」ってばっさりやられたい‥‥。(うっとり)

 あの場面ちょ?ときめいた?。ぷちっと切れたナルは返す刀の斬れ具合も最高ね。も?容赦なくスッパリって感じが堪らないわあ、ほう。うっとり。いま、この瞬間、ナルの意識下化で確実に一箇の障害物として認識されている自分自身に乾・杯★ みたいな?(笑) この際有機物でも無機物でもいいから、お願いひと思いに袈裟懸けにして?! 
 ──あ、いえ松山先生になりたいとゆー意味ではありません念のため。どっちかといえば、心霊現象の残留物をホックホク(※推測)で回収するナルにピルケースを奉納する女子生徒とか、お犬様が暴れた教室で勿体なくもナルに肩を貸してもらった男子生徒のほうが(※正直者)。

 ‥‥いいんですほっといて。幸せの形は人それぞれだというじゃありませんか。ナルが幸せなら私も幸せなんだい。ナルに失敬な態度をとった緑陵高校の教師は、みんなお犬様と金蚕ちゃんと血まみれ人間と保健室の黒いもやもやに呪われちゃえーだ。(酷!)
 しきりにため息をついてる姿が印象に残りましが、それでもやっぱり猛烈な臭気を放つ事件現場で怯えきった生徒さんたちを目の当たりにしながら、心配事は持って来そびれた機材のことなんだ。うんうんそれでこそナルだよねえ(笑)。ホントに骨の髄まで学者バカなんだから、もう★(※ノロケ)

 ‥‥とまあ、お約束を果たしてスッキリしたところで感想をば。

 いや?今回は『安原さん祭り・絶賛開催中』でしたね!(笑)
 ただでさえ使える人材として定評があったのに、さらにバージョンアップしてるしこの御仁! 今まで知ってたのが<安原さん>なら、<安原さんR><安原さんスーパー><安原さんZZ>みたいな!? やることなすこと隙もソツもなし。印象はあくまでもさわやかに。あんまり手際が鮮やかすぎて、感心するよりため息ついて見とれちゃいました。なんなんだこのステキっぷりは。完全に主役の麻衣が喰われてますがな‥‥。しかも配下まで従えてご登場。(※そして当然のようにめちゃめちゃ有能な<手の者>のみなさん。)
 少年探偵団・団員募集中だったはずなのに、生徒会がすでに安原さんの手駒として組織化されているし(笑)。裏で画策したり暗躍しまくってみたり、そこはかとなく腹黒さを漂わせてみたりするのがさらにポイントUP。いまや越後屋の完全支配下に置かれている緑陵高校に、懐かしの『グリーン・ウッド』と忍先輩を思い出してしまいました。すごい、すごいよ安原さん‥‥。

 国家公務員のキャリア組もあながち夢じゃないのでは。どこの企業からも引っ張りだこの人材間違いなし。ま、その前にもっと近場で引き抜き狙ってる人がいるけどね!(笑)
 TH版ではナルの目元をなごませ、今回は口元に笑みを作らせたザマス。そんな高度な芸当ができるのはジョンぐらいだったのに。まじパネエ安原さん。
 
 重厚感かつ複雑さを増したストーリーも読み応え充分でした。
 学校の締めつけに対する生徒たちの心理が、蠱毒が呪詛として完成していく過程に重要な要因として加えられたり、用務員の土岐田さんの登場で、生徒がいない時間や場所で何が起こっていたのかを明瞭にして、校内の怪現象に説得力を持たせたり。
 物事も人の心もそう単純じゃないねんで、とゆー深みがあって、改訂前とは全然違った読後感が残りました。

 特に、加筆されてよりパワーアップした怪談が、怖いのなんのってもう!
 麻衣が実体験するはめになった『LL教室の男の子の霊』は、「幼児のくせに女子高生のナマ足ねらいだなんて、お前は『うる星やつら』のテンちゃんか?!」と独りツッコミでも入れないことには、自分の足もとうっかり覗けませんよ?。

 『開かずのロッカー』もさ?中から引き戻されちゃうんだよ?(涙)。下のほうにある顔と目が合っちゃうんだよ?! わーもーイーヤーすーぎーるー! ただでさえ『ゴーストハント』の影響で押し入れの隙間とかお風呂場の換気窓とかトラウマスポット増えちゃったのに、職場とか学校とかスポーツセンターとか身の回りにロッカーがどんだけあると! 思い出しちゃって開けられなくなったらどうするのさ?(涙)。せめて焼却炉に居着いたままだったらよかったのに?(とりあえず近所にはない)。

 ‥‥『猫の鳴き声がする体育倉庫』は、きっと生徒がこっそり捨て猫飼ってるんや。夜中にコンコースを歩く音は、土岐田さんがこっそりハイヒール履いてるんや(わあ)。『飛び降りる女の人』は廉麟で、『二ー四教室の狐だか犬だか』は傲濫で、『三ー一教室の臭い』は白汕子なんや。緑陵高校には高里くんがいるんだ。きっとそう。そういうことにしておこう。
 ──よく考えたら、似たような災難が降りかかってるのですが、解決方法としては『魔性の子』はぜんぜん救いがないんだな‥‥。

 超心理学的な知識の増補だとか、SPRの面々に関するちょっとした伏線の加筆とか、 TH文庫版との違いを比較検討するのも楽しみのひとつ。さりげない台詞や描写についニマニマしてしまう。特にジョンは今回もいい見せ場増やしてもらってましたね。周囲がジョンを褒めると、読んでるほうもなんとなく嬉しくなっちゃう。これが人徳ってヤツですか。

 そういえば、1点だけ「?」と思った箇所が。  
 36頁で、坂内君の慰霊祭を企画した荒木梢さんが坂内君のことを「部活にも入っていなかったし」と説明してるんですが、295頁で安原さんがヲリキリ様の発生ルートについて坂内君が「美術部だった」と云ってます。‥‥ ありゃ? かみ合わないのは何故? 
 坂内君=美術部、というのはヲリキリ様を広めた犯人を特定するための重要な情報だから、荒木さんがはじめに断言しちゃうと故意にミスリーディングされちゃうような気が。「入っていなかったみたいだし」とか、仮定形だったら荒木さんは坂内君を直接知っていたわけじゃないし、亡くなったあと伝聞として得た情報自体が間違っていた、もしくは単なる勘違いかも、という推測がなりたつんですが‥‥。うーむ、謎だ。
 
 次はシリーズ中最恐(※私の中で)の美山邸。
TH版であんだけ怖かった物語が、さらにどんなことになっちゃっているのか! でも浦戸がスキップしながら近づいてくる足音をイメージすればちょっと空気がなごむかも!
(※コミックス文庫版7巻参照)
 今から7月を楽しみに待ちたいと思います。ずっとこんな日が続けばいいのに(笑)。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

こざかな日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる